香水・フレグランスのデータベース

香水・フレグランスのデータベース。 私、ミカエラの独断と偏見(笑)でチョイスした スイートで魅惑のフレグランスンスの世界w

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

香水の分類


香水の分類

ひとつの香水に、香料が含まれている種類は平均して50~200種類と言われています。
更に、香料は何百という香りを構成する成分から成り立っています。
何種類もの成分が複雑に組み合われ、香りが出来上がります。
香水はたくさんありますが、似た香りはないと言えるでしょう。
天然の香料は希少性な為に高価な物とされています。

■香料の分類

香料には、科学的に合成された単品香料と自然の動植物からとれる天然香料に分かれます。


天然香料の分類

植物性香料は花、果実、樹皮、葉、根などを原料にしています。

果皮

ベルガモット
ベルガモ地方原産の柑橘。柑橘系のなかでは甘みがあり、刺激も強い。

マンダリン
中国で主にとれるオレンジ。
柑橘系で独特の甘みがある。

タンジェリン

レモン
酸味が強い。フレッシュな香り。

グレープフルーツ
レモンよりは甘みがある。
フレッシュな香り。

果実

アニス
しそ科の植物。香辛料。

コリアンダー
セリ科の植物。スパイシーで甘い香り。
種子や果実を使用。

レッドペッパー
唐辛子で刺激が強い。
スパイシーな香り。

バニラ
香水で使われるのは実から取ったエッセンス。
アメリカ熱帯地方産のらん科のつる性植物。



ローズ
甘みがあり、深い香りがある。
バラは昔から香水の代表的な香りとして使われている。
ローズにも色々な種類がある。
フレッシュローズ、スイートローズ、チュベローズ等。

ジャスミン
甘く、透明感がある。

ラベンダー
爽やかで、ほんのりと甘みのある香り。シソ科に属するラベンダー。
フレッシュなイメージの香りに多いのが特徴。
香水では、フゼア系の香りの重要な要素になっている。
薄い紫色。

ネロリ
柑橘系のような爽やかな印象。
ミカン科の花からとれる香料。フローラル系。

リンデン
ソフトで甘みがありスパイシーな香り。
菩提樹科の植物。


他多数

動物性香料:は動物の生殖腺分泌物等から作られます

アンバーグリスとは龍涎香、マッコウクジラの腸内結石、
カストリウムとは海狸香、ビーバー、
ムスクとは麝香、ジャコウジカ、シベットとは霊猫香、
ジャコウネコ、ジャコウネズミ

の五種が知られています。

現在、シベットのみ、エチオピア産の天然香料が使われることがあるそうです。
それ以外は、ほぼ合成へ移行していると言われています。


合成香料の分類 アルデヒド等

合成香料とは自然界の香りの成分を分析したものを言います。
天然には無いものを合成したり、化合物を原料から化学的に合成します

単離香料 メントール等


単離香料とは天然の香料から成分を部分的に分離させる方法を言います。


香水を作る3つのものは
香料油、アルコール、蒸留水です。

スポンサーサイト


    2007/12/15(土) 10:53:20| 知識 | トラックバック:2
  1. | コメント:0
<<香水とは | ホーム | シトラスの香水>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wonderfreglance.blog115.fc2.com/tb.php/21-8576d50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

化学の考察

もともと有機化学は生物のみが産生することができるとされていた物質を扱う化学の一分野であったので有機化学=天然物化学であった。しかし、19世紀前半にフリードリヒ・ヴェーラーやヘルマン・コルベによって生物体内で無くとも有機化合物を合成することが可能であることが
  1. 2007/08/15(水) 20:28:47 |
  2. 化学の考察

&minus;CHO) を持つ有機化合物の総称。一般式 R-CHO で表される。水素結合を作らないために、アルコールに比べて極性溶媒に溶けにくいが、極性があるため水によく溶ける。また、炭化水素基をもつため有機溶
  1. 2007/08/28(火) 08:39:11 |
  2. 化学物質いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。