香水・フレグランスのデータベース

香水・フレグランスのデータベース。 私、ミカエラの独断と偏見(笑)でチョイスした スイートで魅惑のフレグランスンスの世界w

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告

香水の濃度



香水には濃度があります。
濃度による分類を簡単に紹介します。

パルファン濃度は15~20%
アルコールは75?80%
蒸留水は0~5%
持続時間 約5~7時間

オー・デ・パルファン
濃度は10~15%
アルコールは80%
蒸留水は5~10%
持続時間 約5時間

オー・デ・トワレ
濃度は5~10%
アルコールは80%
蒸留水は14~15%
持続時間 約3~4時間

オー・デ・コロン 濃度は2~5%
アルコールは90%以上
蒸留水は5%~10%
持続時間 約1~2時間

練り香水
練り香水パルファンやコロンと同様の香料です。
液体ではなく、蜜蝋などに香を混ぜた固形物の香水。

商品によっては、オー・ドゥ・トワレット・レジェールやオー・ドゥ・レジェールと呼ばれています。
濃度ではオー・デ・コロンに入ります。


香水のおまけ
香水は男性用と女性用に別れます。
しかし共用出来るユニセックスの商品も最近多くなって来ています。
異性向けの香水を身につけることも、ファッション的にかっこいいとされています。

ただ、国によってこの感覚が異なります。
現代の日本では、異性向けの香水を身につけることもOKですが、アメリカ合衆国では男性が女性用香水をつけるとゲイと受け取られるケースがあるのです。

フランスでは男性用か女性用にきっちり分けられています。
共用の香水はほとんど発表されていません。
日本ではユニセックスのものが多いのに比べて大きな違いがあることが解ります。

また、イタリア、フランスではトップノート~ミドルノート~ラストノートと変化されるものが好まれます。
しかし、アメリカ合衆国ではほとんど変化のしないものが好まれるようです。


スポンサーサイト


    2007/08/14(火) 10:46:56| 知識 | トラックバック:0
  1. | コメント:0
<<オゾンマリンの香水 | ホーム | 香水の付け方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wonderfreglance.blog115.fc2.com/tb.php/20-d85bab10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。